あなたの頭に潜む危険|心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事

心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事

あなたの頭に潜む危険

聴診器

髄膜腫と言われてもピンとこない方もおられる事でしょう。髄膜腫とは脳腫瘍の1つで、脳腫瘍の20%を占める代表的な腫瘍です。頭蓋骨の裏側にある硬膜に腫瘍ができ、脳の外側から脳を圧迫していきます。今までは症状が現れてから診断がつく場合がほとんどでしたが、脳ドックの普及が進んだことにより、偶然にも髄膜腫が見つかった方もおられます。特に発生の原因はわかっていませんが、女性の方が男性が発症するよりも倍程度の人数を占め、女性ホルモンが関係しているのではないかといわれています。女性特有の乳がんや子宮筋腫などを合併して発症する場合もあるので、女性の方はこまめな婦人科系検診を受けるのも早期発見するために良いのではないでしょうか。

では、髄膜腫になるとどのような症状が現れるのでしょうか。代表的なものは吐き気・嘔吐・頭痛です。また髄膜腫のできる場所にもよりますが、手足のしびれ・視力や視野の障害・顔面神経の麻痺などの症状が現れることもあります。これだけ書くと大変恐ろしい病気のように感じますが、髄膜腫のほとんどが良性です。またCT・MRIなどの体に負担のかかりにくい検査で見つけることが可能です。ただ、良性といえども少しずつ腫瘍が大きくなることには違いがありませんので治療を考えていかなければなりません。いつ、どのような治療をしていくかは、腫瘍の出来ている場所、大きさなどで決まるので、定期的な画像診断を受けることが大切です。信頼できる医師にとともに、疑問を解決し、治療に臨むことが最善の方法です。

Copyright © 2016 心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事 All Rights Reserved.