最新式の放射線治療とは|心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事

心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事

最新式の放射線治療とは

屋内

装置の主な特徴

サイバーナイフとは、革新的な画像解析テクノロジー及び超高精度ミサイル技術そして、産業ロボットノウハウを活用し、米国大学教授によって考えられた、精度の高い定位放射線治療ツールになります。前もって完成させた画像に対して2方向より取り込んだエックス線画像を積み重ねることによって病巣を的確にとらえます。そして、6つの関節を持ち合わせたロボットアームが自由にアングルを変更しながら、放射線発生装置より正しく病巣に対して当てるというものになります。仮に治療している間に病を患っている方が動いても、サイバーナイフのターゲット移動が1cm内でありますとオートマチックに照射する点を補正追尾するなど何重の安全に対する対策を実行しています。

装置を活用するメリット

サイバーナイフの人気の理由のひとつに、治療している間は装置に横になっているだけのわずかな負担があげられます。サイバーナイフ治療を受ける病を患っている方は、メッシュ状のマスクによって頭を覆った状況の中で装置に安静にします。高い水準の位置察知システムを活用することから、ガンマナイフに対比して緩い固定の状態で完結し、麻酔に関しても必要としません。治療に必要な時間は30分〜1時間ほどで、通院治療が可能になります。療法にあたって麻酔などを要しないことから、サイバーナイフにおいては1回での大線量照射を介しての治療、或いは複数の日数に及ぶ分割照射のいずれにしても実現できます。入院の必要性もありませんから、日頃の生活に対しての影響を少なめに抑えることが可能なことも利点です。

Copyright © 2016 心筋梗塞の前兆に気付こう!早期発見や生活習慣も大事 All Rights Reserved.